セルフ脱毛したい人のための家庭用脱毛器!その使い方とは

ムダ毛を処理するときは、家庭用脱毛器があれば便利です。実際に自宅でできるので、脱毛サロンよりもお得に脱毛ができます。しかし、家庭用脱毛器の使い方をよく知らないと、うまく脱毛ができません。自宅で脱毛したい人なら、その使い方をよく知っておきましょう。

基本的な使い方

脱毛したい部位に光を当てて使用しますが、購入時に取扱説明書がありますので、当たり前ですがそれをよく見て使用しましょう。使用前に肌を保冷材などで冷やしてから、脱毛器を肌にあてて使用します。脱毛の周期は、1回使用したら2週間から1か月は期間をあけましょう。使用後は肌が乾燥し傷んでいるので、保湿力の高いローションなどで肌に潤いを与えます。

脱毛器の使用で注意すべきところ

脱毛器を日差しの強い日に使用するときは、かなり注意しなければなりません。この日には日焼けを避け、紫外線を浴びないようにしなければなりません。脱毛後に強い日差しが当たらないようにするのも重要です。脱毛後は入浴・飲酒・運動などはなるべく避けてください。脱毛後に入浴する際は、お湯の温度を下げ、シャワーを軽く浴びる程度で脱毛した部位は軽く洗い流すようにしましょう。

使用するときのコツ

脱毛器を使用する前に肌を冷やすといいましたが、脱毛後も肌をしっかりと冷やすこともおすすめです。また、脱毛器使用中はサングラスをかけるなど、目の保護をしっかりとしましょう。各部位で脱毛器を使用するときのコツがあり、アンダーヘアの場合は身につけている下着を基準に、はみ出ている部分を処理していきます。広範囲を脱毛するときは、マーキングしながら行うと脱毛時にムラができにくくなります。

家庭用脱毛器の使い方 まとめ

使用前に肌をよく冷やしてから脱毛器を使用しましょう。脱毛後は肌の保湿を忘れず、2週間から1か月あけて次回使用しましょう。日差しの強い日は使用に気を付けましょう。脱毛後は肌を冷やすことをおすすめし、入浴・飲酒・運動などは避けるようにしましょう。

関連記事です