脱毛の必要性をどれくらい感じている?男女それぞれの割合

テレビCMや雑誌の記事、電車内でも脱毛の広告が増えています。それだけ日本でも脱毛が一般化してきたのでしょう。とはいえ実際にサロンやクリニックで脱毛している人はどのくらいいるのか。つまり脱毛の必要性をどの程度感じているのでしょうか。

7割の女性は必要と考えている

アンケートをしてみると、ムダ毛処理の必要性を感じてる女性は7割を超えるようです。特に20歳代では約9割に達しています。50歳以上でも4割が脱毛したいと考えています。つまり脱毛に関する潜在的なニーズはあるといえそうです。

一方で女性が他人のムダ毛について、どのように思っているのでしょうか。調べてみると約7割の女性が、同性のムダ毛を意識しているようです。中でも目立つ部位は、やはり顔、口の周りです。それを見て、自分のムダ毛処理を心配する人が3割いるそうです。

6割の女性はエステやクリニックに通った経験がある

実際にエステやクリニックで脱毛をしている女性は、どのくらいいるのでしょうか。何らかのお店に通った経験がある人は約6割いるようです。世代別にみると20歳代が最も多く、年齢を経るにつれ割合は減少し、50歳代では10%台になります。

やはりというのでしょうか、恋人がいる若い女性の場合には通った経験ありが7割を超えます。意識の仕方なのでしょうか。どちらが先かはわかりませんが、異性にもてるかどうか、ちょっとしたところで差が出るのかもしれません。

男性も増えています

男性側から見て女性のムダ毛は気になるのでしょうか。もちろん趣味や趣向もあるのでしょうが、半数以上の男性は女性のムダ毛、中でもワキ毛に対する抵抗感が強いようです。年齢別でみると20歳代の男性が最も意識しているそうです。

では男性自身は自分たちのムダ毛について、どのように感じているのでしょうか。年代による違いはあり20歳代では4割近くが気にしているようですが、平均すると2割程度のようです。ただしクールビズの影響か、サラリーマンも認識しだしているようです。

脱毛は身嗜みかもしれません

大半の女性そして最近は男性も、脱毛に関して意識するようになっています。実際にエステ通いも増えています。特に異性を気にする年代なら、必須事項とも言えそうです。小さなことかもしれませんが、身嗜みやマナーと考えることが大切なのでしょう。

関連記事です